20代薬剤師が考える転職

最初にこのことを意識して下さい。
薬剤師という仕事は、世間的に見ても中々就けない仕事です。
ですので、可能な限り長く続けて行くことが賢明だと理解して下さい。

 

薬剤師の資格を取るにはとてもたくさんのお金が必要になるようなことも多いものです。
ですから薬剤師になり、満足できるお給料をもらうようになるまでには金銭的に苦しいと感じる時期をながく感じる人もいるかも知れません。
薬剤師を続けて行く中でこのまま「人間関係の悪い職場環境で定年まで働き続けるのは考えられない。」「これから先お給料があまり増えないようなところで働くよりは早めに転職を」と、考えることも当然ありますよね。
とくに若い人ほど将来を悲観してしまう傾向が強いかも知れません。

 

20代であればまだ知識も経験も少ないですから、学ばなければならないことも多く、我慢もその一つです。
それでも転職するなら若いほうが有利、という現実も確かにあります。

 

年齢を重ねると新しい情報を吸収する力が弱くなりますが、若い内であれば新しい環境への順応が早いです。
20代での転職の理由はそれだけでなく、新しい職場としてもあなたに対して「長く働いてくれるだろう。」という期待を持つことができるので、若年層の方が採用されやすいようです。

 

 

20代薬剤師が頭をよぎる転職のきっかけとは

転職のきっかけというのは「自分のお給料が相場に比べて低いのでは?」という疑問がきっかけになる方が多いようです。

 

きっかけというのは人それぞれ違うものですが「長く働いていくからこそ、少しでも自分の希望が叶う職場で働きたい。」と考えるのは当然のことです。

 

例えば、あなたが職場の人間関係が原因で転職を考えていたとします。
そして、希望の職場が比較的少人数な規模の職場であった場合、可能な限り早く転職をおすすめします。
理由は、小さな職場であれば同じ人がいつまでも働いていることも多く、職場での環境に早くなじまないと自分が浮いてしまうことというのもあるものです。
また、小さな職場だとチームワークも必要になりますし、そのチームワークに慣れてしまえば長く働くのも苦痛でなくなる場合があります。

 

ですから小さな職場で良いと考えるような人であればできるだけ早く転職し、長く居続けることができる新しい職場を選んでいくと良いです。

 

 

ライフワークバランスを考えての転職

お給料優先で考えるのであれば、大きな病院の薬局で働くというのも良いです。

 

ですが大きな総合病院などであれば救急などで夜間の対応であったり、休日対応しなければいけないようなこともあるものです。
ですから休み的にはきつくなることを覚悟しましょう。
ですが20代であればまだまだ無理が効く働き方ができるようなこともあるので、無理が効く20代だからこそ、休みよりも仕事やお給料優先の働き方というのをしてみても良いでしょう。
また、20代薬剤師は同じような薬を出し続けるところではなく、色々な薬を出しているところで働いたほうが先々のためにも勉強になるということがあるものです。

 

子供ばかりが多く通う小児科の薬局などであれば、強い薬はあまり使えないこともあるものですから、弱い薬や量の少ない薬ばかりを繰り返し出すようなこともあるでしょう。

 

そういった同じような子供用の薬ばかりを出しているような人であれば間違いも少なく、安心という点では良いですが、自分の薬剤師としてのスキルアップにはつながらないということもあるものです。
ですから自分のスキルアップを狙うのであれば、もっと幅広い薬を出す薬局に転職したほうが良いということもあるものです。

 

また、たくさんの人が働くところのほうが急な休みも取りやすいということがあります。
人数が少なくなっても、資格がある人がいればちゃんとお客さんには対応できるということも多いので、お客さんにとっても良いでしょう。自分の変わりがいないようなところであれば仕事を休めないというプレッシャーも多くなってしまいます。
特に20代はまだまだ要領よく仕事をこなすことができないということで一人で困ってしまうようなこともあるものですから、頼りになる先輩などがいる職場を選んだほうが良いです。

 

 

薬剤師転職サイトランキング バナー