HIV感染症に専門薬剤師として向き合う。そして未来を救う。

薬剤師の中でも、特定の分野に特化した専門薬剤師というものが存在します。日本病院薬剤師会に認定されることで資格を得られる専門薬剤師には、いくつかの種類がありますが、今回はその中でも「HIV感染症専門薬剤師」についてご説明していきます。

 

薬剤師 香里

 

 

薬剤師としてキャリアアップを考えている方や、HIV感染症専門薬剤師がどのようなものか知りたい方のご参考になれば幸いです。


 

現在、日本には13,000人を超えるHIV感染者がいると言われています。
全世界には5千万人の患者がいると言われており、日本は患者数が少ない地域とされていますが、その数は増加傾向にあります。

 

これには、初期段階に適切な治療が行われていないことが大きく関係しており、世界から見て患者数は少ないとはいえ、楽観視できる状況ではありません。
HIV感染症に対するますますの対策が必要となっており、その注目度の高さが、HIV感染症専門薬剤師が専門薬剤師に認定された背景となっています。

 

 

HIV感染症専門薬剤師のお仕事

 

HIV感染症専門薬剤師の主な仕事は、HIV感染者に対して、安全かつ適切な薬剤の処方や投与を行うことです。
HIV感染症の恐ろしいところは、体内で静かに進行し、免疫機能が破壊されることで様々な感染症にかかることです。

 

そのため、HIV感染症についてはもちろん、治療に使用される薬剤に関しても豊富な知識や深い理解が不可欠です。
治療は医療チームで行うため、HIV感染症への豊富な知識や経験をもつHIV感染症専門薬剤師の存在はとても大きいと言えるでしょう。

 

残念なことに、現在、HIV感染症には完治療法が存在せず、薬剤投与によって病状の進行を遅らせることで、その症状を最小限に食い止めています。
HIV感染症と診断されれば、病気と一生付き合っていくことになるため、HIV感染症専門薬剤師の存在は、患者さんにとっても大きな心の支えとなるでしょう。

 

コミュニケーションをとり、患者さんの望む治療法を理解したり、薬剤の投与に関して十分な説明を行ったりすることで、一生付き合っていくHIV感染症への治療にも前向きになり、必要以上に不安にならずにすみます。

 

また、新薬の開発は盛んに行われているので、患者さんの希望にもなります。
ただし、注意しなくてはならないのは、HIV感染症は、新薬が普及されるまでの期間が他の病気に比べて短く、他の薬剤よりも認可されやすい傾向にあるので、副作用の危険性が少なくなく、実際に副作用が表れてしまうことです。

 

このような状況から、HIV感染症専門薬剤師は、新薬に関する情報を集め、研究し、その結果を医療従事者に提供したり、効果を期待できる薬剤の提案をしたり、副作用を避ける処方を行ったりすることも大切な役割です。

 

 

HIV感染症専門薬剤師になる方法

 

こうしたHIV感染者に対する治療だけでなく、HIV感染症を増やさないように働きかけていくのもHIV感染症専門薬剤師の役割のひとつです。
小中学生など青少年に向けて、HIVに関する正しい知識を普及させたり、適切な指導を行ったりすることも重要です。
高度な技術や豊富な知識を有するHIV感染症専門薬剤師は、HIV感染症に関するプロフェッショナルとして、適切な治療をリードするだけでなく、正しい知識を広めるなど倫理観を育むことも期待されているのです。

 

HIV感染症専門薬剤師になるには、日本病院薬剤師会におけるHIV感染症薬物療法認定薬剤師になり、所定回数の学会発表や学術論文の発表など様々な要件を満たしたうえで、HIV感染症専門薬剤師認定試験に合格することが必要です。

 

製薬会社実験室

現在のところ、完治が望めないHIV感染症に日々向き合い続けることは、精神的につらいときもあるかもしれません。しかし、HIV感染症専門薬剤師として従事する間に、新薬が開発され世界中が待ち望んだ瞬間に立ち会える可能性もあります。また、HIV感染症専門薬剤師としての活動は、必ずや日本や世界の未来に役立つものでもあります。薬剤師として、こうしたやりがいに挑戦したい方は、ぜひキャリアアップの道におすすめします。

 

薬剤師転職サイトランキング バナー 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加